アイテム紹介

映画のヒロインのような赤いエプロンが可愛い!

スカーレットって誰?

ヴェッティモン ドゥ シャンブルで作っているエプロンに、「スカーレット」という色名のエプロンがあります。

「スカーレット」

そう聞いて、映画好きの方はピンとくるかもしれません。
1939年に製作された映画「風と共に去りぬ」のヒロインの名前です。

ヴィヴィアン・リー演じるヒロイン「スカーレット・オハラ」。

アメリカ南北戦争前後。
過酷な試練にも負けずに強く生き抜いた主人公、スカーレットのお話です。

今見ても古さを感じさせない映画。
大火災シーンやスカーレットが口にする名セリフも有名です。

特に、映画の中でヴィヴィアン・リー演じるスカーレットが着ているドレスがどれも素敵です。

 

映画「風と共に去りぬ」のドレス

スカーレットの若さが引き立つ白いドレス

 

まず映画冒頭の白いドレス。

若いスカーレットがボーイフレンドと過ごしているシーンです。
白いドレスに、ウエストの赤いリボンと髪飾りのリボンがとってもキュート。
若いスカーレットの初々しさを引き立てています。

 

少しだけ背伸びもしたい気分のグリーンドレス

 

次に、そんなスカーレットが、大好きなボーイフレンドも出席するパーティに出かける準備をしている場面。

肩が大きく開いたドレスは、大人っぽさも感じます。
白地にグリーンの太めのウエストリボンと、たっぷりとしたフリル。
裕福なお嬢さんという感じがするドレスです。

 

大人の雰囲気が素敵な深緑色のドレス

 

南北戦争が終わり、少し成長したスカーレット。

自宅にかけられてしまった高い税金が払えず、借金を申し込みに行く場面のドレス。
深いグリーンのドレスは、なんと、お金のないオハラ家の豪邸の窓にかけられていたカーテンで作られています。

「型紙を持ってきて!」

そうスカーレットが言った後、こんな素敵なデザインのドレスになったというストーリーです。
意志の強さが感じられる衿の立ち方と、Vに胸元までシャープに開かれた衿の感じ。
大人になったスカーレットにとっても似合っていると思います。

 

 

芯の強さを表したワインレッドドレス

 

そして、意志の強いスカーレットを象徴しているような深い赤色のドレス。

お金のためとはいえ、妹の婚約者と結婚する、ということを報告した場面のドレスです。
深い赤色のドレスが、スカーレットの気持ちの強さを表しているように思います。

 

スポンサーリンク



 

 

 

スカーレットの色名を持つエプロン

そんなスカーレットという名を持つ赤い生地で作ったエプロン。

赤ですが、落ち着きがあって、どんな年代の方にも似合いそうです。

ひもの使用は、ホルターネック。
赤いエプロンに白のひもで、可愛らしいエプロンです。

 

白地にスカーレットレッドが引き立つエプロン

 

こちらは、赤いひもをアクセントにした白地のエプロン。

とっても清潔感があってキュートなエプロンです。

素材は、リネン100%。
リネン特有のよろよろとした感じはありながらも、ソフト加工をしているので、とっても柔らかく着心地の良いエプロンです。

 

♪おすすめ記事はこちら♪
♪ランキング♪売れ筋は、やっぱりリネンエプロン?
♪ランキング♪エプロン着丈、売れているのは何cm?

♪バッククロス・首かけ・ワンピース♪エプロン3種類の特徴♪

スポンサーリンク



映画のヒロインのような赤いエプロンが可愛い!” に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です