目次も簡単!Table of Contents PlusテーブルオブコンテンツプラスTOC+使い方を解説!

ワードプレス

ワードプレスサイトを初めて作る方にも分かりやすく簡単に説明しています。していますよね?

ワードプレスてって難しいんでしょ?なんて思っていらっしゃった方でも気軽にワードプレスサイトを作って欲しいなと思っています。

このページでは、記事に目次を作るプラグイン『Table of Contents Plus/テーブル オブ コンテンツ プラス/TOC+』のインストールから設定の仕方を解説していきます。では、行きましょう。

 

目次も簡単!Table of Contents PlusテーブルオブコンテンツプラスTOC+使い方を解説!

まずは、『Table of Contents Plus/テーブル オブ コンテンツ プラス』をインストールしていきましょう。

ワードプレスサイトの管理画面・ダッシュボードを開き、『プラグイン』をクリックし、右上のキーワードと書いた検索窓に『Table of Contents Plus』と入力します。

Table of Contents Plus

テーブルオブコンテンツ

『Table of Contents Plus』プラグインを『今すぐインストール』をクリックし、『有効化』します。

テーブルオブコンテンツ

『Table of Contents Plus』の『設定』をクリックし、設定していきましょう。

インストールしたすぐの状態では、『表示条件』が4つ以上見出しがあるとき、となっています。投稿記事の見出しの数のことなのですが、3つくらいの記事の場合も管理人はよくあるので、『3』に変更しました

次は、『以下のコンテンツタイプを自動挿入』の欄を設定していきます。デフォルトのでは、『page』にだけしかチェックが入っていませんので、『post』 と『page』のどちらともにチェックを入れます

『post』にチェックがないと投稿記事に目次が表示されないので、注意してくださいね。

変更できましたら、設定を更新』します。

テーブルオブコンテンツ

では、記事投稿画面で見ていきましょう。ダッシュボードの『投稿』から、テスト記事を投稿してみます。

テーブルオブコンテンツ

目次を作成する『Table of Contents Plus/テーブル オブ コンテンツ プラス』を使用するには、『見出し』を記事に設定します。

『見出し1』はタイトルのことなので、ほぼ使うことはないと思います。『見出し2』『見出し3』『見出し4』『見出し5』などを記事の見出しとなる文に設定しましょう。

サイトの記事を見てみましょう。四角に囲まれた目次が完成しました。

テーブルオブコンテンツテーブルオブコンテンツ

 

サイドバーに目次を表示させる方法を解説!

上のサイト画面の中で、右側のサイドバーにも目次が表示されています。これを設定する方法も解説していきますね。

まず、ダッシュボード『外観』に行きます。ペンキを塗る刷毛のマークが外観です。ブログというお家をキレイに装飾していく、飾っていくというイメージですね。

『Table of Contents Plus/テーブル オブ コンテンツ プラス』をインストールすると、『利用できるウィジェット』の中に、『TOC+』と言う文字が表示されるようになります。これをドラッグして、『ブログサイドバー』のお好みの位置に配置します

テーブルオブコンテンツ

お疲れさまでした。とても簡単ですよね。

まとめ

ワードプレスのプラグイン『Table of Contents Plus/テーブル オブ コンテンツ プラス』について解説してきました。ブログと言うのは、流し読みをされる読み物だそうです。

読む人にとっては、欲しい情報をすぐに見たい、はず。そんな読み手の望みをかなえてあげられるブログになっているといいですね。ブログサイトに表示される目次は、あなたのサイトを訪れてくれた方が知りたい情報を探すのにとても大切なものだと思います。

記事ごとに目次を自動で作ってくれて、修正したときにも自動で修正してくれるので、とても助かります。ワードプレスサイトを作ったらまず入れたいプラグインの1つですね。

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただき、ありがとうございます。 私は、3人の子供を持つ主婦です。結婚退職し、子供が生まれ育児に専念しながら、空き時間を見つけては縫製の仕事をしていました。 ネットショップで販売するようになり、月々10万円ほどの売上げを得られるように。 これまでの自分の経験を活かしながら、人の役にも立ちたい。 そう思うようになり、ブログを書く仕事もしています。