エプロンのプレゼントが嬉しい人と嬉しくない人の違いとは?

大切な彼女や奥様、普段お世話になっているお嫁さん、お姑さんへのプレゼント、悩みますよね。でもプレゼントを選ぶ時間は、相手のことを思いながら想像力を膨らませます。そんな時間は、ワクワクして楽しい時間でもありませんか。

  • 「この商品をプレゼントしたら喜んでくれるかな。」
  • 「これは、好みじゃないかな。」
  • 「この色は、あの人に似あいそうだな。」
  • 「こんなデザインだったら、もっと素敵になりそうだな。」

そんなことを考えながら、お店で過ごす時間も楽しいものです。お誕生日、母の日、父の日、敬老の日、お中元、お歳暮、新築祝い、入学祝、卒業祝、還暦、など…。プレゼントを贈る機会は、年に何回もやってきます。

そんな時、ちょっと気が利いていて相手が喜んでくれるようなプレゼント、贈りたいですよね。

 

「お誕生日」や「母の日」のプレゼントに何を贈りますか?

なにをプレゼントしたら喜んでくれるのか?それはずばり、

「相手が必要としているもの。」

いま欲しい!とはっきりと感じていなくても、なんとなくこんなものあったらいいなと感じているもの。頭の中でイメージにもならないくらい漠然としているもの。

そんなものをプレゼントしたら、きっと喜んでくれるはずです。プレゼントを贈る側にもワクワクドキドキした気持ちがあるように、もらう側にも気持ちがあります。

「ありがとう!」の裏にこんな気持ちが隠れているかもしれません。

 

彼女にエプロンをプレゼントした場合

彼女にエプロンをプレゼント。彼氏から彼女へのプレゼントにエプロンを贈った場合。それがもし、とっても可愛い彼女に似合いそうな色・素材・雰囲気で、迷いに迷って、

「これなら絶対喜んでくれる!」

と自信をもってプレゼントしたエプロンであったとしても…。お料理しない彼女だったとしたら…。

「もっと料理作って!」

と催促されているみたいに感じる方もいるそうです。

 

お姑さんからお嫁さんへのプレゼントにエプロンを選んだ場合

お姑さんからお嫁さんへのプレゼントにエプロン。家事が行き届いていない、という自覚のあるお嫁さんだったとしたら…。

「もっと働きなさい!」

と言う意味が込められているように感じる方もいるそうです。

 

エプロンを贈るのにふさわしい人とは?

あなたがエプロンをプレゼントしようとしている相手が彼女・奥さま・お義母さまだとしたら。どんな方にプレゼントしたらふさわしいのでしょうか?

  • 「せっかくエプロンをプレゼントしようとしていたのに…。」
  • 「エプロンをプレゼントするのは、やめようかな。」

とがっかりしないで大丈夫です。

あなたがエプロンをプレゼントしようとしている方が、下記のチェックに当てはまる方なら、エプロンをプレゼントするのにふさわしい人。自信をもって、エプロンをプレゼントしましょう。

お料理作り、パン作り、お菓子作りなどが得意なかた

家事でエプロンを使われるかた

エステサロンやマッサージサロン、フラワーアレンジメント教室やパン教室、お料理教室、お菓子教室、カフェやレストランやお花屋さんなどでエプロンを使われるかた

陶芸やガーデニングをされる方

 

いつもエプロンを着て頑張っている大切なあの方へのプレゼント。お洒落なインディゴチェックのエプロン、贈られてはいかがですか?

2018春夏おすすめのエプロンはこちらで紹介しています!

 

まとめ

『エプロンのプレゼントが嬉しい人と嬉しくない人の違いとは?』として見てきました。プレゼント選びって、とても迷いますよね。一生懸命選んだプレゼントを、もらった相手が喜んでくれるととても嬉しいものです。

相手の方が喜んでくれるようなプレゼント、選んでくださいね。

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただき、ありがとうございます。 私は、3人の子供を持つ主婦です。結婚退職し、子供が生まれ育児に専念しながら、空き時間を見つけては縫製の仕事をしていました。 ネットショップで販売するようになり、月々10万円ほどの売上げを得られるように。 これまでの自分の経験を活かしながら、人の役にも立ちたい。 そう思うようになり、ブログを書く仕事もしています。