コメント欄に画像を添付するプラグインComment Imageを設定する方法

コメントイメージ

ワードプレスサイトを運営していくと、ブログを読んでくださる読者の方からのコメントやメッセージがもらえたりすることがあります。ブログ作成者からの一方通行の発信ばかりでなく、読んでくださった方からの反響があると、毎日パソコンに向かう気分も上がります。

そして、サイトによっては文字によるコメントだけでなく、読者の方からの写真や画像を送ってもらえるといいなー、なんてこともあるかもしれません。ショップなどを運営されていたりする方は、ショップでの商品を身につけた写真や画像を送ってもらえると嬉しいですよね。

このページでは、コメント欄に画像ファイルを添付することのできるワードプレスのプラグインを紹介します。

 

コメントに画像を添付するプラグインComment Imageを設定する方法

サイトでの表示イメージ

コメント欄に画像ファイルを添付できるプラグインが『Comment Image/コメントイメージ』。こんなイメージでサイトに表示されます。

コメントイメージ

サイト上では、こんなコメント欄になります。『ファイルを選択』というボタンが表示されていますね。

コメントイメージ

 

Comment Image/コンテンツイメージの設定方法を解説

では、設定方法に行きましょう。

まず、ワードプレスの管理画面である『ダッシュボード』に行きます。『プラグイン』から『新規投稿』を選択します。そして、右上の選択窓に、『Comment Image』と入力します。

Comment Image

コメントイメージ

色々なプラグインが表示されるかもしれませんが、『Comment Image』を探してくださいね。そして、『今すぐインストール』をクリックします。

コメントイメージ

インストールが完了したら、『有効化』をクリックします。

コメントイメージ

『設定』の中から、『Comment Image』を選んで設定します。

コメントイメージ

難しいことは置いておいて、一番下の『Save』をクリックするだけで大丈夫です。

コメントイメージ

『Image selection field』は、このように書かれています。

  • 『Inject via WordPress hook』… WordPressフック経由で画像を入れます。
  • 『Inject via Javascript』… Javascript経由で画像を入れます。
  • 『Do not inject, manually added』… 画像ファイルをアップロードするボタンが表示されません。

『Image field label』は、下記のように文字が入ります。ディフォルトだとこのようになります。

 

ここでは、『アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。』と書き換えました。お好みの文章で書き換えてください。

 

『Thumbnail width』は、表示される画像サイズを変更できます。ディフォルトでは、200pxとなっています。

最後に、『Save』をクリックします。お疲れさまでした。設定はこれで完了です。

サイトで表示されているか確認してみましょう。

 

まとめ

『コメント欄に画像を添付するプラグインComment Imageを設定する方法』として解説してきました。画像を送る方法は、SNSなどを使えば色々ありますね。ですが、サイト上に画像を送ってもらい、ブログのファンが増えていくのも素敵ですよね

プラグインのインストールから、設定までとても簡単なので、やってみてくださいね。

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただき、ありがとうございます。 私は、3人の子供を持つ主婦です。結婚退職し、子供が生まれ育児に専念しながら、空き時間を見つけては縫製の仕事をしていました。 ネットショップで販売するようになり、月々10万円ほどの売上げを得られるように。 これまでの自分の経験を活かしながら、人の役にも立ちたい。 そう思うようになり、ブログを書く仕事もしています。