アイテム紹介

バッククロスエプロンの着方・ひもの結び方。バッククロスなのにクロスしないで着る理由

 

ヴェッティモン ドゥ シャンブルのエプロンの中で一番人気があるのが、バッククロスエプロン。
背中でひもをクロスして着用するエプロンです。

このバッククロスエプロンには、2種類のひもの仕様があります。

1.肩ひもと腰ひもが別々になったタイプ
2.肩ひもと腰ひもがつながったタイプ

この2種類のバッククロスエプロンのなかでも、さらにヴェッティモン ドゥ シャンブルで人気があるのが
肩ひもと腰ひもがつながったタイプのバッククロスエプロンです。

この肩ひも腰ひもがつながったバッククロスエプロンの着方をご説明します。

 

肩腰ひもがつながったバッククロスエプロンの着方

 

①胸当てから出た肩ひもをループに通します。

右側のひもは右側のループへ。左側のひもは左側のループへ。

「バッククロス」

というだけに、最初にひもをクロスしてループに通すように思われるかもしれません。

ですが、肩ひもと腰ひもが一本につながっているこのタイプのエプロンは、身につける前の状態ではひもはクロスしていません。

 

②ループに通したら、腕を通します。

片方のひもを、反対側のひも通し穴へ通します。

ひも通し穴は両脇についていますので、お好みで通しやすい方へ通してください。

ひも通し穴には、補強のため裏から補強布を縫い付けています。

2cmほどのボタン穴にひもを通してください。

 

③反対側のひもも前へ回します。

この時は、ひも通し穴は通さずに前へ持っていきます。

前で結んで完成です。

 

 

ひも通し穴に通さずに着ることも出来ます

「ひも通し穴に通すのが手間!」

 

という場合には、片方ずつひもを前に回し、着物を着るような感じで腰に巻き付けて着用します。

身幅が広いので、片方ずつ、ひもを前に回します。

 

肩ひもと腰ひもがつながっていることのメリット

肩ひもの長さ調整の手間がなく、前で結ぶことが出来る

 

肩ひもと腰ひもが分かれているタイプのエプロンは、肩ひもをちょうどいい長さに調節して、着用します。

長さを決めるのに、何度も着たり脱いだりすることもあるのではないでしょうか?

ですが、ヴェッティモン ドゥ シャンブルの肩ひもと腰ひもがつながったタイプのバッククロスエプロンは、ループに通したひもをフロントで長さ調節できます。

肩ひもを調節するために何度も着たり脱いだりする必要がありません。

 

着るときにクロスしたひもに頭を通さないから、胸当て内側にメイクがついたりして汚すことがない

ホルターネックエプロンは、胸当てに頭を通して着用します。

肩ひもと腰ひもが別々になっているバッククロスエプロンは、肩ひもをクロスした状態で頭を通して着用します。

その時に、ついつい胸当てにメイクがついてしまうこと、ありますよね。

ヘアアクセサリーが引っかかってしまうなんてこともあるかもしれません。

 

肩腰ひもがつながったタイプのバッククロスエプロンなら、そんなことはありません。

割烹着を着るような感じで腕を通して着用するので、メイクがついて汚れてしまうことも、ヘアアクセサリーに引っかかってしまうこともありません。

 

肩ひもと腰ひもがつながっていることのデメリットと対策

ループに通したひもがずれることがある

 

ループに通したひもは、フロントで肩ひもの調整が出来るので便利です。

ですが着用しているうちに、ループでひもが動いたりずれたりすることもあります。

そんな時の対策をお教えします。

 

ループでひもがずれる時の対策

 

ループに通したひもを、ちょうどいい長さで、ループの部分でひと結びするとずれたり、着用の際にもひもが抜けることがありません。

 

バッククロスエプロンが人気な理由のまとめ

バッククロスエプロンが人気の理由をお伝えしました。

デメリットもありつつも、それをカバーするほどのメリットのあるバッククロスエプロン。

毎日の家事や、カフェや、レストラン、喫茶店などでのお仕事にぜひお役立てくださいませ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です