広幅リネン1mで作る2Wayバッグ(マチあり・裏地あり)の作り方|型紙サイズ付き

バッグ 作り方

リネンが好き、そう言われる方は多い気がします。とはいえ、リネンで手作りしたいと思っても何から始めたらいいのか、と迷って、結局何もできずにいる。

そんな方のために、広幅リネン1メートルで出来る2ウェイバッグの作り方を紹介します。リネンだから素朴な風合いで、しわがあってもそれが味になります。

汚れたら洗って、素朴な風合いの良さを楽しんでください。

スポンサーリンク

 

【動画】広幅リネン1mでマチあり裏地あり2Wayバッグの作り方

 

型紙サイズ|広幅リネン1mで作るマチあり・裏地あり2Wayバッグ

動画の中で、型紙のサイズを掲載したのですが、画面サイズの関係で数字の見にくい部分がありました。こちらに型紙のサイズを掲載しておきます。

 

バッグ 作り方

作り方は、広幅リネン1mで作るマチアリ・裏地ありバッグの作り方|型紙サイズ付きの生地で解説しています。

このバッグの形では、ヴェッティモン ドゥ シャンブルではトートバッグにして販売していたことがあります。

岡山のムラ糸デニムを使用して作っていたので、使うごと、洗うごとに風合いが良くなり、味わい深いバッグになっていくと思います。

 

まとめ

『広幅リネン1mで作る2Wayバッグ(マチあり・裏地あり)の作り方|型紙サイズ付き』としてまとめてきました。1つのバッグの型紙から、トートバッグになったり、2Wayバッグになったりと応用が利くのではないでしょうか。

素材を変えたり、持ち手の長さを変えたり、ファスナーを付けてみたり、マジックホックを付けてみたり。あなたなりにアレンジして楽しんでくださいね。

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事一覧

  1. PDF 変換
  2. ハンドメイド 販売
  3. 自由研究 家庭科

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ソーイングデザイナー&フォトスタイリスト
はしば まいこです。
幼少のころから、注文服を縫う母のそばで洋裁に親しむ。
服飾専門学校でデザイン、パターンを学び、アパレルデザイナーとして従事。
結婚退職後、子育てのかたわらエプロン・布バッグ・布小物などの縫製の仕事に従事、これまでに縫製した枚数は2万枚を超える。
自らデザインしたエプロンや洋服・布バッグのネット販売を始め、写真の大切さを知りフォトスタイリングを学び始める。
デザイン・パターン製作、縫製、動画編集まで自らの手で行い、ブログやYoutubeチャンネルにて、『型紙なしで手軽に作れるお洋服』から、『型紙を使って作る本格的な大人服』、『布小物などの作り方』などを発信している。
Youtubeチャンネルの総視聴回数は89万回、チャンネル登録者数1万人を超える(2020/10現在)。
お仕事の依頼は、 お問い合わせからお願いいたします。

アーカイブ

PAGE TOP