新search consoleの使い方|Fetch as Googleで記事をインデックスする方法【2019版】

記事を書いた後にする施策として、Google search console(グーグルサーチコンソール)でのインデックスがあるのではないでしょうか。Googleにアカウントを持っていると使うことのできるサーチコンソール(Search console)が新しくなりました。

ページの仕様がガラッと変わって、『えっ!ふぇっちゃーずは?』と思われた方多いのではないでしょうか。『ふぇっちゃーず』というのは、Fetch as Googleのこと。

記事を素早くグーグルにインデックスしてもらうために、サーチコンソール(Search console)のフェッチャーズグーグル(Fetch as Google)に記事URLを送信します。

2018年末から新しくなったフェッチャーズグーグル(Fetch as Google)での生地のインデックスの仕方を解説していきます。

 

新search consoleの使い方

新しくなった(Search console)の画面で記事をインデックスるする方法を解説します。

Fetch as Googleで記事をインデックスする方法【2019版】

まずサーチコンソール(Search console)のフェッチャーズグーグル(Fetch as Google)をクリックします。以前の画面がこちら。

赤枠のメッセージが表示されています。新しいサーチコンソールに移動するには、矢印の青ボタンをクリックします。

新サーチコンソール

新しいサーチコンソールの画面に入ります。左側にある『URL検索』をクリックします。

新しい サーチコンソール

すると画面が暗くなり、上のURLを入れる画面が入力できるようになります。ここに、インデックスさせたい記事のURLを入力します。

Fetch as Google

入力したら、『Enter』をクリックします。

これで、Googleにインデックスされました。

 

まとめ

『新search consoleの使い方|Fetch as Googleで記事をインデックスする方法【2019版】』としてまとめてきました。これまで使っていたサイトが仕様が変わったり、サービスを停止したりすると焦ります。

特にフェッチャーズグーグルは、記事をインデックスさせるためになくてはならないサイト。これで、新しいサーチコンソールでも、迷うことなく作業できますね。

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

おしゃれエプロンショップ『ヴェッティモン・ドゥ・シャンブル』のデザイナー&ブログライティングオンラインスクールの羽柴(はしば)です。 /「着心地の良いおしゃれなエプロンを着たい。」とデザインしたヴェッティモン・ドゥ・シャンブルのエプロン。 素材やデザインにこだわって大切にお作りしています。 公式オンラインショップなどで販売中。 /在宅で副業などで仕事をしたいあなたを応援するブログライティングオンラインスクールも随時開講。自分メディアで発信するオウンドメディアから、即収入になるブログまで幅広くサポート。詳細は、メルマガでお伝えしています。