クラスタイリング掲載♪足が冷えないフリース靴下の作り方とおすすめ本

靴下 作り方

2019年、2020年の冬は暖冬だとか。確かに、雪不足なんて言うニュースも聞かれます。そんな温かい冬ではありながらも足元って冷えます。

冷え性の方は冬の時期、しもやけになってしまうなんて方もいらっしゃるかもしれません。そんな冬、温かい靴下で乗り切りたいのもです。

足が冷えない、冷え対策になる靴下を紹介したコンテンツをフォトスタイリング協会のオウンドメディアに掲載していただきました。

スポンサーリンク

 

フォトスタイリングのオウンドメディア『クラスタイリング』掲載

フォトスタイリングとは、フォト(写真)+スタイリング(デザインの型・様式)を組み合わせて作られた言葉。露出やF値などの写真の機能に関する知識だけでなく、写真に写る被写体をスタイリングするスキルを身につけることができます。

そんなフォトスタイリングに私が出会ったのは、2016年末。2015年から販売し始めたエプロンをもっときれいに写真に撮りたい、そう思って写真の撮り方について調べているときでした。

ネット上に並ぶ素敵な写真をたどっていき、行きついたのが、フォトスタイリングという言葉。

フォトスタイリングを学んだ人たちの写真は、どこかほかのきれいな写真とは違う。何が違うの?と言われても、その時は答えられなかったと思います。

暖かい 靴下

ですが、何か分からないけど、何か見ていて気持ちいい、何となく安らぐ、見ていて優しさを感じる、そんなことをフォトスタイリングを学んだ人たちの写真から感じました。

そして、フォトスタイリング・エッセンス講座を受講し始めたのが、2017年1月。それから何度も課題を提出し、プロの指導を受けました。

途中1年ほどのお休みがありつつも、2020年の今もフォトスタイリングのスキルを学んでいます。そんなフォトスタイリングのオウンドメディアがクラスタイリング。

クラスタイリングに【動画付き】フリースアイテムであたたかルームソックスという記事を掲載していただいています。

暖かい 靴下

 

センスを更新し続けるための秘訣とは?

一度スキルを習得しても、流行やトレンドって、日々進化していきます。去年の春はこれが流行っていたから今年もこれで大丈夫、とならないのはよくあること。

スキルを身につけても、日々進化し続けるトレンドを知り、センスを更新し続けるのは、クリエーターには必須でしょう。

そんなセンスを更新し続けるためのヒントとなる本を紹介します。J.W.ヤングのアイデアのつくり方という本。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイデアのつくり方 [ ジェームズ・ウェッブ・ヤング ]
価格:880円(税込、送料無料) (2020/2/22時点)

楽天で購入

 

ほんの数十ページの短い本なのですが、センスを更新し続けるヒントが書かれています。なにが自分に足らないのかわからない、という方は、もしかしたら、この本に答えがあるかもしれません。

 

まとめ

『クラスタイリング掲載♪足が冷えないフリース靴下の作り方とおすすめ本』としてまとめてきました。クラスタイリングに掲載された記事の紹介と、センスを更新するおすすめ本を紹介しました。

クラスタイリングに限らず、発信を続けていくためには、吸収することはとっても大切。何も入っていないコップから水はこぼれません。

まずはあなたのコップに水をたっぷり貯める作業から始めることが、必要かもしれません。

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事一覧

  1. ヌッテ
  2. ステンシル やり方
  3. ソーイング 教室
  4. ハンドメイド 販売 初心者
  5. エプロン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ソーイングデザイナー&フォトスタイリスト
はしば まいこです。
幼少のころから、注文服を縫う母のそばで洋裁に親しむ。
服飾専門学校でデザイン、パターンを学び、アパレルデザイナーとして従事。
結婚退職後、子育てのかたわらエプロン・布バッグ・布小物などの縫製の仕事に従事、これまでに縫製した枚数は2万枚を超える。
自らデザインしたエプロンや洋服・布バッグのネット販売を始め、写真の大切さを知りフォトスタイリングを学び始める。
デザイン・パターン製作、縫製、動画編集まで自らの手で行い、ブログやYoutubeチャンネルにて、『型紙なしで手軽に作れるお洋服』から、『型紙を使って作る本格的な大人服』、『布小物などの作り方』などを発信している。
Youtubeチャンネルの総視聴回数は89万回、チャンネル登録者数1万人を超える(2020/10現在)。
お仕事の依頼は、 お問い合わせからお願いいたします。

アーカイブ

PAGE TOP