ハンドメイドは利益率が高い?手作りより儲かる副業や在宅ワークを紹介!

ハンドメイド

ミンネ/minneやクリーマ/creema、いいち/iichiなどのハンドメイド商品を販売する手作りサイト、数々ありますね。

一時期のことを思うと、かなり淘汰されて手作りの商品を販売するサイトも数が減ってきたような感じがします。

『需要と供給のバランスが崩れている。』そうも感じます。『売りたい人』が多くて『買いたい人』が少ない。『買いたい人』の中も、実は売りたいと思っている同業者だったりなんてこと、よくあるように思います。

ハンドメイドは利益率が高い?手作りより儲かる副業や在宅ワークは何があるのかを紹介したいと思います。

 

 

ハンドメイドは利益率が高い?

ハンドメイド販売は、利益率が高いのでしょうか。

商品を販売するときには、簡単に言うと『作るひと』『売る人』『買う人』がいます。ハンドメイドは、作る人と売る人が同じですよね。ということは、中間マージンが無くなることになります。

コンビニなどでチョコレートを売っているとします。森永や明治などのお菓子メーカーがチョコレートを作り、コンビニが売り、消費者が買います。コンビニがお菓子メーカーからチョコレートを仕入れ、コンビニの店頭で売る時には、販売手数料を上乗せしますね。

例えば、80円で仕入れたチョコレートも50円の販売手数料を上乗せされ、130円で販売されることになります。ですが、ハンドメイドサイトは、作る人と売る人が同じなので、80円のチョコレートの原価を30円とすると、30円の材料が130円で売れることになります。

儲けは、100円ですね。なので、ハンドメイドは、利益率が高いのでは?と思われるのかもしれません。

ですが現実には、ハンドメイドサイトは安い、という風に考えている方が多いのも事実だと感じています。安いコストで作っているのだから、安く売れるのでしょ?

なんて考えるのかもしれません。

ですが、ハンドメイドは、コストが大量生産するよりも多くかかります。例えば、1つのアクセサリーを作るとします。素敵な天然石を使用したピアスとしましょう。その天然石を仕入れるには、1個だけを仕入れることはないと思います。10個とか20個とか、ある程度の数をまとめて仕入れることになると思います。

他にもピアスにするための金具や、作るための道具。天然石は、いくつか数をまとめて買ってもすべてが使用できるわけではなく、いくつかは商品にできないような質の悪いものも含まれているかもしれません。

すると、3,000円のピアスを作るのに、仕入れた材料は、天然石セット、ピアス金具セット、道具。少なくともこの位は必要になるでしょう。そんなロスする材料や消耗品の道具代、そんな金額も商品代金に含まないといけないですよね。

3,000円のピアスに対して、コストは、それ以上かかっていることになるのです。3,000円のピアスが200個とか300個とか売れれば、材料や道具は割安になり、無駄も少なくなるかもしれません。

ですが、ピアスを作家一人で200個とか300個とか作るのに何百時間必要になるのでしょうか。

1日9時間、30日作り続けたとしても270時間です。30分で3,000円のピアスが作れたとして、1カ月で540個。売上にすると162万円となります。

ハンドメイドショップでは、作る時間だけでなく、ご注文いただいたお客さまへの返信、発送等もすることになります。売れれば売れるほど、忙しくなり、一人で運営していくのはきつくなってきます。

そして、アルバイトなどの人を頼むとすると、さらにコストはかかることになります。

ハンドメイドサイトの利益率は高い?

という問いには、高いともいえるし、高いとも言えない。ということになると思います。物販というのは、実際の材料に付加価値をつけて、商品として販売することになります。

商品を保管しておく場所や、作業する人件費、発送する運送代などなど。ボディブローのように様々なコストがかかることになるのです。

 

 

手作りより儲かる副業や在宅ワークを紹介

ハンドメイドショップの運営も、やり方次第では、儲かると思います。会社員をされている方が、会社から帰ってからの自由時間に手作りした商品を販売して、ショップを運営していることもあります。

副業や在宅ワークとして運営していくことも可能だと思います。ですが、利益率、商品の在庫、材料の在庫、置き場所、製作する時間や発送する手間や時間。商品を出品する作業などなど。

様々な作業が生まれてきます。

そんな手間がとてもかかる手作り商品の販売よりも、もっと簡単で労力が少なく、稼ぐことが出来る、儲かる副業や在宅ワークもあるのです。それが、インターネットを利用した広告ビジネス。

アフィリエイトです。

企業が宣伝したい商品を紹介したり、広告をサイトに掲載することで、広告収入を得ることが出来る。それがアフィリエイトです。

アフィリエイトと言っても、様々なものがあります。企業が販売したい商品をサイトで紹介する物販アフィリエイト。それから、人の集まるブログ(サイト)に広告を掲載してもらうことで広告収入を得るブログアフィリエイト

それぞれのアフィリエイトには、特徴があります。ですが、どちらにも共通して言えることは、コストがかからないということ。パソコン1台と月々ほんの1,000円程のサーバーとドメイン代さえあれば、数千円、数万円、数十万円という収入を得ることが出来るのです。

本当にすごいアフィリエイターともなると、月々数百万円なんて収入を得ている方もいるとか。それも、材料も道具も家賃も必要なく。

 

ハンドメイドショップとブログアフィリエイトのコストを徹底比較!

ハンドメイドショップとブログアフィリエイト、何となくわかったような気がする方に、実際にどれだけの金額がそれぞれにかかるのか、かからないのかを表にまとめてみますね。

下の表は、分かりやすく、一般的に(というか、管理人自身の経験による)必要だと思われるコストをまとめてみました。

ハンドメイドショップ ブログアフィリエイト
利益10,000円
を出すのに
必要な
作業とコスト
 5,000円の商品を5枚販売する ブログを2カ月運営する
生地代 8,000円
ショップ手数料 5,000円
配送費 2,550円
サーバー代 1,000円
(月500円×2カ月)
ドメイン代 30円~
コスト合計 15,550円 1,030円
利益率 40% 970%
原価率 62.2% 10.3%

表の中で、注目してほしいのは、やはり、ブログアフィリエイトの利益率の高さと原価率の低さです。ハンドメイドサイトが売上の40%が材料などの経費で消えていくのに対し、ブログアフィリエイトは、かかった経費の970%、9.7倍もの収益を得ることが出来る点です。

もう想像もつかない数字ですね。

ハンドメイドサイトでは、25,000円の売り上げが上がり、やっと10,000円の収入が得られる。それにかかったコストは、15,550円。約40%がコストとして消えていきます。

それに対し、ブログアフィリエイトは、1,030円のコストをかけると、その970%が得られるのです。1,030円で10,000円の収入が得られることがあるのです。

もう意味が分からないくらいの数字の違いですよね。とにかく、アフィリエイトというのは、コストがかからずに収益を上げることが出来るという手法なのです。

もうやらない手はないですよね。

 

まとめ

『ハンドメイドは利益率が高い?手作りより儲かる副業や在宅ワークを紹介!』としてまとめてきました。インターネットビジネスを誰でも取り組める時代となった今、物を作って売るハンドメイドショップの運営がいかに利益が出にくいビジネスなのかを感じていただけたのではないでしょうか。

とはいえ、もの作りが好きな管理人は、手先を動かしたり、ミシンを踏んだりしてモノづくりをするのが大好きです。そんなハンドメイドショップの運営と、効率よく利益を出すことのできるアフィリエイト。

両輪をバランスよく動かすことで、好きなことを仕事にし続けていけるといいですよね。ハンドメイドショップを運営していて、行き詰ってしまっている方がいたら、ぜひ、アフィリエイトをあなたのビジネスの中に取り入れていただけたらな~と思います。

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただき、ありがとうございます。 私は、3人の子供を持つ主婦です。結婚退職し、子供が生まれ育児に専念しながら、空き時間を見つけては縫製の仕事をしていました。 ネットショップで販売するようになり、月々10万円ほどの売上げを得られるように。 これまでの自分の経験を活かしながら、人の役にも立ちたい。 そう思うようになり、ブログを書く仕事もしています。