辞めたいと思いながら働くのはだめ?理不尽な上司や仕事内容でも我慢するべき?

辞めたいと思いながら働く

正社員であれ、パートやアルバイトであれ、『辞めたい』と思うこと、誰にも一度や二度…、
いえ、10回や20回くらいはあるのではないでしょうか。

子供のころから一生懸命勉強して、社会に出たら社会人として、入社した会社で良好な人間関係を築いて、お給料日にはお給料をもらう。

お給料をいただいているんだから、仕事にも意欲的に向き合って、働かせてもらっているだけでありがたい。そんな風に考えなきゃいけないんじゃないか、と思っている人もいるかもしれませんね。

では逆に、辞めたいと思いながら働くのは悪いことなのでしょうか?仕事を任せてもらっているのに、意欲的になれずに、辞めたい、辞めたい、とばかり仕事中に考えてしまうのは、人間失格なのでしょうか。

 

辞めたいと思いながら働くのは悪いこと?

子供のころから、真面目で一途に学校の勉強や部活、サークル活動、友人関係を築いてきた人は、辞めたいと思いながら働くなんて、会社に対して失礼なんじゃないか?

と思ってしまうかもしれません。会社の一員として、責任ある仕事を任せてもらっている、自分を評価してくれている会社に対して、意欲的に仕事に取り組めないなんて、自分は間違っているんじゃないか。

でも、管理人はそんなことないと思います。辞めたいと思いながら働くことが悪いなんて思いません

これまでの学校の勉強や部活などでも、もう嫌だな、とか、今日は気分がのらないな、と思ったことあるのではないでしょうか。

だからと言って、相手の先生やチームメイト、お友達、不快な思いをしていたでしょうか。辞めたいと思いながら働く事でも、働いていることに変わりはありません。

周りからどんな風に見られていたいか、って実はあなたがあなた自身をしばっているだけのことかもしれませんよ

辞めたいと思いながらでも、やるべき仕事はきちんとこなしてくれる人、そんな風に社内では、あなたのことを理性ある人として評価してくれているのかもしれません。

あなたを縛り付けているのは、周りの人間関係ではなく、あなた自身ではないでしょうか。

会社を辞めたい!でも言えないあなたの代わりに会社に伝えてくれるサービスを見てみる。

 

理不尽な上司や仕事内容でも我慢するべき?

会社や勤務先で長時間仕事をしていると、一緒に仕事する人たちの性格や人間性が見えてくるものですよね。

家族と過ごす時間よりも、会社で同僚や上司と一緒にいる時間のが長い、そんな人もたくさんいることと思います。

長時間他人と過ごしていると、人のちょっとした言動に自分の気持ちが振り回されてしまうことってあります。それが、自分が従わなければならない上司だったりしたら、余計ストレスがたまるのではないでしょうか。

仕事上の上司だからと言って、人間性まで優れているかと言ったらそうではないこと、ありますよね。年齢が上だからと言っても筋道の通らないことを要求してきたり、時間的に無理な仕事を割り当てられてしまったり

例えば、月曜朝から会議がある。金曜の定時間近になって、月曜朝の会議の為に膨大な資料をまとめ直す必要があるとします。資料のまとめの仕事があなたの仕事。

会議は月曜朝。いつ作るのかと言ったら、金曜の定時後から月曜の朝までの間。休日出勤するしかない、と考えるのが当然だと思います。

そんな道理が通らないようなこと、仕事をしていると普通に起こります

きっと、仕事に意欲的になっていて、この仕事をすることで自分の仕事ぶりを認めて欲しい、と思える時には休日出勤であっても意欲的に取り組めるかもしれません。

でも、辞めたいと思いながら働く人にとっては、辛いことですよね。そんな時には、その仕事辞めていいと思います。

 

『あなたは、あなたであればいい。』by マザーテレサ

マザーテレサの言葉に、このような言葉があります。

あなたは、あなたであればいい。

色々な会社や考え方がある中で、無理して会社のやり方に自分を合わせる必要なないと思います。無理してでもその仕事に自分を合わせることで、自分を会社で評価してほしい、そんな気持ちの人は意欲的にどんどん仕事に取り組むべきだと思います。

それも、『あなたは、あなたでいい』ということですよね。

ですが仕事がつらくて、働くことで体の調子を崩したり精神的に不安定になったり、一日中愚痴や不満ばかりが浮かんでくる、そんな人は、あなたの環境のどこがあなたらしくいられないのか?を考える必要があるかもしれません。

あなたらしくいられない原因は例えば、人間関係、仕事内容、長時間勤務、休日出勤でしょうか。それとも、誰かにやとわれて働く、と言う働き方自体が問題なのかもしれません。

働く、お金を稼ぐ、のは、家族を養うためですか?あなたの生活を維持する為ですか?特にやりたいことがないから、働きに行っているのですか?

あなたの本当の問題点を考えることが、あなたがあなたでいられるために、まず最初に考えることだと思います。あなたの本当に嫌なこと、もう一度ゆっくり考えてみましょう。

 

まとめ

『辞めたいと思いながら働くのはだめ?理不尽な上司や仕事内容でも我慢するべき?』としてまとめてきました。2018年の現在、『働く』というのは会社や勤務先に時間を提供して、給料をもらうと言うだけではない方法でもある時代となってきました。

自分の力でお金を稼ぐことが出来れば、勤務先の人間関係や仕事内容にとらわれないで生きていけると思います。『辞めたい』と思いながら働くことの何が本当の問題であり、目的なのでしょうか。

会社を辞めることが目的なのか、別の会社だったら問題が解決するのか。それとも、雇われて働くこと自体が問題なのか。あなたが本当に辞めたいと思う理由が大切だと思います。

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

ご覧いただき、ありがとうございます。 私は、3人の子供を持つ主婦です。結婚退職し、子供が生まれ育児に専念しながら、空き時間を見つけては縫製の仕事をしていました。 ネットショップで販売するようになり、月々10万円ほどの売上げを得られるように。 これまでの自分の経験を活かしながら、人の役にも立ちたい。 そう思うようになり、ブログを書く仕事もしています。