会計ソフトが個人事業主に必要な3つの理由|時短で確定申告するには?

会計 ソフト 個人事業主

個人事業主の方の確定申告、どうしていらっしゃいますか?税理士さんに依頼したり、経理に強い方がいてくれたりすれば心強いかもしれません。

ですがほとんどの個人事業主の方は、社長であり、営業であり、社員であり、経理でもあるのではないでしょうか。そんなワンオペ(ワンオペレーション)でお仕事をされている方は、経理の仕事も出来ることなら時間をかけたくないかもしれません。

確定申告の時期には、申告書類の作成に多くの時間を割いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな確定申告書類も日々の入力作業さえしておけば、慌てることもありません。

 

 

会計ソフトが個人事業主に必要な3つの理由とは?

社長であり社員でもある個人事業主さん。日々たくさんの業務があって、経理にも長い時間をかけたくないかもしれません。そんな会計ソフトを導入することが個人事業主さんに必要だと思われる3つの理由を解説していきます。

 

仕分け作業がラクラク!

日々の収入や支出などの会計処理って、簿記の専門的な知識がないと仕分け作業に時間がかかって仕方がないのではないでしょうか。

仕入高や売上高など、聞きなれない言葉が並ぶ勘定科目。どれをどの勘定科目に振り分けるのかって、簿記の知識のない人からしたら、とても面倒な作業です。

管理人自身も簿記の知識はほぼないので、勘定科目とか、売掛金とか買掛金とか言われてもよく分かりません。ですがそんな聞きなれない勘定科目についても、分かりやすい解説が入っていることもあるのが会計ソフト。

 

費用が安い!税理士さんに依頼するより20分の1で使える会計ソフト

経理の素人でも日々の会計処理をすることが出来ます。個人事業主の方の中でもすべての人が税理士さんに会計処理を依頼するのは金銭的にも負担がかかるのではないでしょうか。

1,000万円ほどの収入であると税理士さんに会計処理を依頼すると、20万円以上の費用が掛かるそうです。20万円以上の費用をかけて税理士さんに依頼するところが会計ソフトだったら、年間1万円ほどの費用で使用することが出来るんです。

 

確定申告を青色申告ですることで控除が受けられる!

個人事業主の方がビジネスをする際には、所得から65万円が控除される『青色申告特別控除』を利用される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

『青色申告特別控除』を利用するためには、複式簿記での帳簿を付ける必要があります。そんな複式での帳簿付けが簡単に出来るのが会計ソフトなのです。

面倒な帳簿を付ける代わりに控除を受けられるということでしょう。面倒な帳簿を付けることで65万円が非課税となるのであれば、年間1万円ほどの会計ソフト料金なんて安いもののような気がしてしまいます。

会計 ソフト 個人事業主

 

個人事業主が時短で確定申告するには?

個人事業主の方は、日々経営の判断から日頃の業務まで多岐にわたるのではないでしょうか。経理の仕事も出来ることなら時間をかけずに行いたいかもしれません。

収支の項目の入力もサクサクと短時間で行うためには、勘定科目についても分かりやすく表示してあって欲しいものです。そんな勘定科目が、会計ソフトなら分かりやすく表示されているものが多いようです。

例えば、会計ソフトフリーfreeeでは、こんな風に勘定科目に解説がついています。

  • 売上 … 売上などの収入
  • 金銭貸借・一時支払 … 返還・借入・利息・立替など
  • 固定資産の売却 … 1年以上使う10万円以上の資産売却
  • 税金(還付)… 税の還付等
  • その他…有価証券・敷金・仕入返還など

また、売上にはこのようなものがあります。

  • 売上高…本業による収入
  • 雑収入…本業以外の小さな収入

支出の場合にはこのようになっています。

  • 飲食費 … 飲食に使用した経費
  • 営業関連の支払い … 仕入・会議・広告・外注・交際など
  • 物品の購入等 … 消耗品・新聞・書籍・リースなど
  • 設備関連の支払い … 家賃・水道光熱・通信など
  • 税・保険・手数料 … 印紙代・各種手数料・専門家報酬
  • 給与・福利厚生 … 給料・社保・医療・慰労など
  • 金銭貸借・一時支払 … じぎょうぬしの生活費・返済・仮払など
  • 固定資産の購入 … 1年以上使う10万円の物品購入
  • その他 … いずれにもあてはまらないもの

簿記の知識があって、仕訳がとても楽しい、と言う方には少し物足りないかもしれません。ですが簿記の知識のない個人事業主の方には、とても分かりやすく時間短縮で経理を行うことが出来ます。

会計ソフトフリーfreeeは月々1,000円程で利用できるクラウド会計ソフト。経理初心者にも使いやすい会計ソフトfreeeについては、会計ソフトフリーfreeeが主婦の副業におすすめな理由|青色申告が簡単!でも詳しく解説しています。

会計ソフトのおすすめは?

会計ソフトと言うと、弥生会計やマネーフォワードクラウド、freeeがあります。他にも無料のエクセル簿記などがありますが、会計ソフトの中でもおすすめなのは、こちらの3つ。

  • 会計ソフトフリーfreee
  • 弥生会計 やよいの青色申告オンライン
  • マネーフォワード クラウド

それぞれの利用料金はこのようになっています。

会計ソフトフリーfreee
スタータープラン
弥生会計
やよいの青色申告
オンライン
マネーフォワード
クラウド
ベーシックプラン
年間料金(税抜) 10,584円 初年 無料
1年目 6,000円
2年目 12,000円
8,800円

会計ソフト『フリーfreee』も弥生会計の『やよいの青色申告オンライン』もマネーフォワードクラウドも年間10,000円ほどで利用できるプランがあります。

まず最初に会計ソフトを試すなら、無料のプランから始めてみるのもいいかもしれません。ただ無料のプランは1カ月のみでデータが更新できないようなので、無料期間が終了するときには、有料プランにするのか辞めるのかを決める必要があるようです。

 

まとめ

『会計ソフトが個人事業主に必要な理由|時短で確定申告するには?』としてまとめてきました。管理人が実際に利用しているのは、会計ソフトフリーfreeeです。

 

年間1万円ほどの料金で会計処理がラクラクなので、とても助かっています。会計ソフトfreeeは、簿記の知識がない初心者向けと言った感じで、会計処理に慣れている方には物足りない感じがされることもあるそう。

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

おしゃれエプロンショップ『ヴェッティモン・ドゥ・シャンブル』のデザイナー&ブログライティングオンラインスクールの羽柴(はしば)です。 /「着心地の良いおしゃれなエプロンを着たい。」とデザインしたヴェッティモン・ドゥ・シャンブルのエプロン。 素材やデザインにこだわって大切にお作りしています。 公式オンラインショップなどで販売中。 /在宅で副業などで仕事をしたいあなたを応援するブログライティングオンラインスクールも随時開講。自分メディアで発信するオウンドメディアから、即収入になるブログまで幅広くサポート。詳細は、メルマガでお伝えしています。