ワードプレス投稿画面が使いにくい!?新エディタを元に戻す方法とは?

ワードプレス 使い方

ワードプレスWordpressサイトの投稿編集画面が、ワードプレスのバージョンアップとともに『Gutenberg』という新しいエディタへと変わっています。

この新エディターに「使いにくい」とか「好きになりつつある」という意見もある中、元の投稿画面へと戻す人もいらっしゃるようです。

管理人も新エディタの『Gutenberg』を試してみましたが、作業スピードが多少落ちる感じはするものの、悪い感じはしませんでした。

とはいえ、作業スピードが落ちるのは痛いので、元の投稿エディタへと元に戻すことに。新エディター『Gutenberg』から元の編集画面へと戻すプラグインを紹介します。

 

プラグイン『Classic Editor/クラシックエディタ』の使い方

バージョンアップした、投稿エディタを元に戻すには、『Classic Editor/クラシックエディタ』というプラグインを使います。

インストールするだけで、簡単に元の編集画面へと戻すことが出来ます。新エディタの『Gutenberg』の投稿編集画面はこのようになっています。

ワードプレス 投稿画面

管理画面の『プラグイン』から『新規追加』をクリックします。

ワードプレス 投稿画面

『プラグインを追加』する画面の検索窓に『Classic Editor』と入力し、『今すぐインストール』をクリックします。

ワードプレス 投稿画面

インストールが開始されます。

ワードプレス 投稿画面

インストールが完了したら、『有効化』をクリックします。

ワードプレス 投稿画面

これで元の編集画面に戻す作業は、完了です。記事投稿の画面を表示してみると、元の編集画面に戻すことが出来ました。

ワードプレス 投稿画面

 

新エディタ『Gutenberg』に戻す方法は?

旧エディタから、新しい編集画面『Gutenberg』にやっぱり戻したいなと思ったら、簡単に変更することが出来ます。旧エディタから新エディタへの変更方法を解説します。

管理画面の『設定』の『投稿設定』を開きます。

ワードプレス 投稿画面

『すべてのユーザーのデフォルトエディター』という所の『クラシックエディタ―』か『ブロックエディター』を選ぶことで、編集画面を変更することが出来ます。

ワードプレス 投稿画面

 

まとめ

『ワードプレス投稿画面が使いにくい!?新エディタを元に戻す方法とは?』としてまとめてきました。まだまだ新しい編集エディタ『Gutenberg』になれない管理人です。

ですが使ってみると、記事作成中に見出しの確認が出来たり、文章をまとめたりと便利なこともあるようです。少しずつ新エディターにも慣れていくのがいいかもしれません。

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

おしゃれエプロンショップ『ヴェッティモン・ドゥ・シャンブル』のデザイナー&ブログライティングオンラインスクールの羽柴(はしば)です。 /「着心地の良いおしゃれなエプロンを着たい。」とデザインしたヴェッティモン・ドゥ・シャンブルのエプロン。 素材やデザインにこだわって大切にお作りしています。 公式オンラインショップなどで販売中。 /在宅で副業などで仕事をしたいあなたを応援するブログライティングオンラインスクールも随時開講。自分メディアで発信するオウンドメディアから、即収入になるブログまで幅広くサポート。詳細は、メルマガでお伝えしています。