ワードプレス投稿画面が使いにくい!?新エディタを元に戻す方法とは?

ワードプレス 使い方

ワードプレスWordpressサイトの投稿編集画面が、ワードプレスのバージョンアップとともに『Gutenberg』という新しいエディタへと変わっています。

この新エディターに「使いにくい」とか「好きになりつつある」という意見もある中、元の投稿画面へと戻す人もいらっしゃるようです。

管理人も新エディタの『Gutenberg』を試してみましたが、作業スピードが多少落ちる感じはするものの、悪い感じはしませんでした。

とはいえ、作業スピードが落ちるのは痛いので、元の投稿エディタへと元に戻すことに。新エディター『Gutenberg』から元の編集画面へと戻すプラグインを紹介します。

スポンサーリンク

 

プラグイン『Classic Editor/クラシックエディタ』の使い方

バージョンアップした、投稿エディタを元に戻すには、『Classic Editor/クラシックエディタ』というプラグインを使います。

インストールするだけで、簡単に元の編集画面へと戻すことが出来ます。新エディタの『Gutenberg』の投稿編集画面はこのようになっています。

ワードプレス 投稿画面

管理画面の『プラグイン』から『新規追加』をクリックします。

ワードプレス 投稿画面

『プラグインを追加』する画面の検索窓に『Classic Editor』と入力し、『今すぐインストール』をクリックします。

ワードプレス 投稿画面

インストールが開始されます。

ワードプレス 投稿画面

インストールが完了したら、『有効化』をクリックします。

ワードプレス 投稿画面

これで元の編集画面に戻す作業は、完了です。記事投稿の画面を表示してみると、元の編集画面に戻すことが出来ました。

ワードプレス 投稿画面

 

新エディタ『Gutenberg』に戻す方法は?

旧エディタから、新しい編集画面『Gutenberg』にやっぱり戻したいなと思ったら、簡単に変更することが出来ます。旧エディタから新エディタへの変更方法を解説します。

管理画面の『設定』の『投稿設定』を開きます。

ワードプレス 投稿画面

『すべてのユーザーのデフォルトエディター』という所の『クラシックエディタ―』か『ブロックエディター』を選ぶことで、編集画面を変更することが出来ます。

ワードプレス 投稿画面

 

まとめ

『ワードプレス投稿画面が使いにくい!?新エディタを元に戻す方法とは?』としてまとめてきました。まだまだ新しい編集エディタ『Gutenberg』になれない管理人です。

ですが使ってみると、記事作成中に見出しの確認が出来たり、文章をまとめたりと便利なこともあるようです。少しずつ新エディターにも慣れていくのがいいかもしれません。

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事一覧

  1. スティンガー8
  2. 写真 加工
  3. wix アプリ
  4. サーチコンソール

プロフィール

ソーイングデザイナー&フォトスタイリスト
はしば まいこです。
幼少のころから、注文服を縫う母のそばで洋裁に親しむ。
服飾専門学校でデザイン、パターンを学び、アパレルデザイナーとして従事。
結婚退職後、子育てのかたわらエプロン・布バッグ・布小物などの縫製の仕事に従事、これまでに縫製した枚数は2万枚を超える。
自らデザインしたエプロンや洋服・布バッグのネット販売を始め、写真の大切さを知りフォトスタイリングを学び始める。
デザイン・パターン製作、縫製、動画編集まで自らの手で行い、ブログやYoutubeチャンネルにて、『型紙なしで手軽に作れるお洋服』から、『型紙を使って作る本格的な大人服』、『布小物などの作り方』などを発信している。
Youtubeチャンネルの総視聴回数は89万回、チャンネル登録者数1万人を超える(2020/10現在)。
お仕事の依頼は、 お問い合わせからお願いいたします。
PAGE TOP